海外の高視認性作業服

海外の高視認性作業服とはどのようなものなのでしょうか?以下に紹介したいと思います。

・EN471
ヨーロッパ規格( European Norm )に定められた工業品の規格の1つです。High Visibility Warning

Clothing(高視認性安全作業衣服)に対する基準を1994年に設定したもので、その後2003年に改定されました。この高視認性作業服は車のヘッドライトまたは日光・色彩で着用者の存在をアピールして危険を避けることにあります。使用する反射材はもちろん、生地の色、耐久性、反射材の角度、生地の使用量など至るところまで厳しい設定がされています。

蛍光素材は蛍光イエロー・蛍光オレンジ・蛍光レッドの3色と定められており、その他の色は不可とされています。再帰反射材は再帰反射評価基準を満たすもので、さまざまな条件をクリアしなければなりません。

・ANSI107
アメリカ規格 ( American National Standard Institute ) に定められた工業品の規格の1つです。 High Visibility Safety Apparel and Head Wear(高視認性安全作業衣服)に対する基準を設定したもので、1999年に認定された規格です。 1999年に認定されました。

蛍光素材は蛍光イエロー・蛍光オレンジ・蛍光レッドの3色でその他の色は不可です。
再帰反射材は再帰反射評価基準を満たすもので、温度変化、洗濯、降雨の影響などさまざまな条件をクリアしなければなりません。

トップページ